林満明騎手が障害通算2000回騎乗達成 [News]
2018/06/23(土) 17:59
東京8レースで、8番アスターサムソンに騎乗した林満明騎手(栗東・フリー)は、中央競馬史上初のJRA障害通算2000回騎乗を達成した。

~林満明騎手のコメント~
「区切りの騎乗に達し、とにかくほっとしました。この騎乗で最後になります。競馬関係者の方々に恵まれ、これだけのレースに騎乗することができました。本当に嬉しく思います。長く騎乗するための秘訣は、なるべく怪我をしないように落ちることです。周りのジョッキーはレースでは厳しいものの、馬を下りれば優しいので、怪我をしないようにこれからも頑張ってもらいたいです。障害レースの魅力は、馬が飛ぶ姿の美しさだと思います。いままでどうもありがとうございました。これからも障害レースを応援してください」

(JRA発表による)