【長万部特別】(函館)~ラブローレルが好位から抜け出す [News]
2018/06/23(土) 17:49
函館12Rの長万部特別(3歳以上500万下・芝1200m)は6番人気ラブローレル(国分恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒1(良)。クビ差の2着に8番人気ザベストエバー、さらに半馬身差の3着に1番人気タイセイソニックが入った。

ラブローレルは栗東・森田直行厩舎の6歳牝馬で、父ブライアンズタイム、母ローレルポラリス(母の父サクラユタカオー)。通算成績は46戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ラブローレル(国分恭介騎手)
「スタートは速かったのですが、中途半端に押し込められてしまいました。それでも道中の手応えは良く、最後は力通りでした」

2着 ザベストエバー(吉田隼人騎手)
「好位置で運べましたが、行こうとした時に前の馬が下がってきて、ブレーキを踏むことになりました。ためる競馬を覚えさせているところで良いキッカケになってくれるといいですね」

3着 タイセイソニック(藤岡佑介騎手)
「展開に左右される馬ですが、外枠だったらスムーズに動けるのに、今日は内枠でしたから、1回下げてから外に出すことになりました。それでも脚は使ってくれました」

4着 ボスキャットグレイ(菱田裕二騎手)
「馬場が良いので内にこだわりました。良いレースが出来たと思いますし、これを使って上向いてくればいいです」