【大沼S】(函館)~リーゼントロックが2番手から押し切る [News]
2018/06/23(土) 17:34
函館11Rの大沼ステークス(3歳以上オープン・ダート1700m)は6番人気リーゼントロック(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒4(良)。1馬身差の2着に1番人気ヨシオ、さらに半馬身差の3着に10番人気ゴーインググレートが入った。

リーゼントロックは栗東・矢作芳人厩舎の7歳牡馬で、父ダイワメジャー、母レディインディ(母の父A.P. Indy)。通算成績は35戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 リーゼントロック(松岡正海騎手)
「ヨシオが行くのは分かっていましたし、2番手で思い通りの競馬が出来ました。腰のバランスが良くなって、3コーナーで手応えが怪しくなるところもありませんでした。馬体が絞れたのも良かったです」

2着 ヨシオ(勝浦正樹騎手)
「一歩目で躓いて落鉄しました。これが痛かったです」

3着 ゴーインググレート(池添謙一騎手)
「好位置で競馬が出来ましたし、しぶとく走っていますが、前にいた馬のせいか、躊躇する感じがありました」

4着 ストロングバローズ(藤岡佑介騎手)
「スタートを出て、流れに乗れました。落ち着いて走っていましたが、今日は展開が向きませんでした」