【宝塚記念】栗東レポート~キセキ [News]
2018/06/20(水) 13:17
 6月24日(日)に阪神競馬場で行われる第59回宝塚記念(GI)に登録しているキセキ(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)について、追い切り後の角居勝彦調教師のコメントは以下の通り。

(前走の日経賞を振り返って)
「馬の後ろで我慢できなくなってしまって、人と馬との約束が壊れていたという感じがしました」

(前走後の調整について)
「そのまま調教をつけていけば、たぶん短い距離を使うしかない馬になりそうだったので、気持ちを切り替える意味で一回放牧に出しました。
 疲れは取れているという感じではありましたが、牧場とトレーニングセンターの中とではまた雰囲気が変わってしまいますので、もう一回約束事の確認作業を中心にしていました」

(調教過程を振り返って)
「今日はデムーロ騎手は乗れませんでしたが、2週にわたって乗ってもらっていました。併せ馬という形ではやっていませんが、とりあえず折り合いは付きそうという感じの話でした。
 単走でしたが、落ち着いて走っていました。休みもあったので、しっかり追って仕上げていくという感じにはしてあります。
 菊花賞の時はまだ3歳という体でしたが、だんだんと古馬の貫禄が出てきた感じはあります」

(今回のレースに向けて)
「菊花賞を勝ってGIの勲章をもぎ取ったのですが、その後少し結果を出せなくて、何とかここで良い競馬をしたいなと思っています。
 高い能力を持っている馬だなというのは改めて感じます。それをちゃんとセーブできるように仕上げられるかというところが課題だと思います。
 (道悪は)菊花賞で走れているので、苦手ではないと思います。
 菊花賞を勝った馬なのに大きなレースでスムーズに行かなかった感じがありました。どれだけ調整できているかは競馬をしてみないと分からないところはあります。現段階では立て直せるようにベストは尽くしたつもりでいます」

(取材:米田元気)