【宝塚記念】栗東レポート~ヴィブロス [News]
2018/06/20(水) 13:15
 6月24日(日)に阪神競馬場で行われる第59回宝塚記念(GI)に登録しているヴィブロス(牝5、栗東・友道康夫厩舎)について、追い切り後の友道康夫調教師のコメントは以下の通り。

(ここまでのローテーションについて)
「去年は初めての遠征で、ドバイへ行って帰ってきたら、やはり疲れがあるのではないかと思って、行く前から春は休ませようと決めていました。去年はドバイから帰ってきてもそれほどダメージがなかったので、去年のような感じで今年もドバイから帰ってきたら宝塚記念に行こうとしていました。そうしたら去年以上にダメージがなくて、それなら参戦しようということになりました。
 輸送のダメージがなく、検疫が明けて1週間後ぐらいに見ましたが、馬体も減ることがなく、むしろふっくらして戻ってきた感じでした」

(最終追い切りを振り返って)
「先週はジョッキーに乗ってもらって、Cウッドチップコースの3頭併せでしっかりやりました。先週の動きは、見ていても乗った福永騎手の話を聞いていてもすごく良い感じで、先週の時点で馬は仕上がっていると思いました。今日は馬場のこともあるので、そんなに負荷をかけずに気持ちを競馬のモードに切り替えるような感じで、坂路でサッとやりました。
 (福永騎手が)先週乗ったのが秋華賞以来なので、かなり久しぶりでしたが、かなり別馬のような感じで、すごく気持ち良く走っていたと言っていました。
 (馬体重の)数字も増えているのですが、何よりも脚の長さが伸びたというか、背が高くなってすごく成長したと思います」

(姉のヴィルシーナと比べるとどうか?)
「姉のヴィルシーナも歳とともに成長したのですが、姉は幅が出てきたという感じの成長でした。ヴィブロスの場合は背が伸びて、上に成長したような感じがします。
 生まれた時から体つきが違っていましたが、姉のヴィルシーナは気持ちで走るという感じでしたが、ヴィブロスの場合はすごくフットワークが柔らかいですし、本当に良いフォームで走る馬です」

(今回のレースに向けて)
「ドバイから帰ってきて、ここまで順調に来ているので、どんな競馬をしてくれるのか楽しみにしています。
 姉と同じようにコースも距離も問わず、どこの競馬場でも大丈夫だと思います。
 馬場は良いに超したことはないのですが、去年のドバイがこんな感じの天候が1週間続いての競馬でした。少々雨が降って渋っても大丈夫だと思います。
 ヴィブロスも福永ジョッキーに限れば、3戦2勝で相性の良いジョッキーです。なおかつ今回はダービージョッキーとして乗ってもらえるので、本当に期待しています。
 姉のヴィルシーナは3着に負けていますので、何とか妹で勝ちたいですよね。
 ドバイでは去年1着で今年は2着でした。国内では秋華賞以来良い競馬が見せられていないのですが、今回は具合が良く出走できると思います。何とか秋華賞以来の国内GIを勝ちたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」

(取材:米田元気)