【小金井特別】(東京)~アンティノウスが追込み馬を振り切り連勝を飾る [News]
2018/06/10(日) 15:55
東京9Rの小金井特別(3歳以上1000万下・ダート1400m)は1番人気アンティノウス(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒0(重)。3/4馬身差の2着に2番人気ビックリシタナモー、さらに1馬身半差の3着に5番人気アオイサンシャインが入った。

アンティノウスは美浦・国枝栄厩舎の4歳牡馬で、父クロフネ、母ミクロコスモス(母の父ネオユニヴァース)。通算成績は10戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アンティノウス(C.ルメール騎手)
「この馬に乗って勝つのは4回目ですが、だんだん競馬が上手になっています。今日も外枠からスムーズなレースで、道中はずっといい感じでした。上のクラスでも問題なくやれるでしょう」

2着 ビックリシタナモー(戸崎騎手)
「いい脚で伸びたのですが、勝ち馬を捕まえることができませんでした。この馬もよく走っています」

3着 アオイサンシャイン(内田騎手)
「勝った馬はエンジンが違う感じでした。この馬もよく頑張ってくれたのですが」

4着 ハルクンノテソーロ(三浦騎手)
「しっかりとリズムを取って、いいフットワークで走っていました。追走を我慢できるようになって、最後まで脚を使えるようになりました。教えてきたものが形になってきました」