【生田特別】(阪神)~アロマドゥルセがゴール前の競り合いを制す [News]
2018/06/10(日) 15:31
阪神9Rの生田特別(3歳以上500万下・芝2400m)は2番人気アロマドゥルセ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分27秒3(良)。半馬身差の2着に3番人気ヴァントシルム、さらに3馬身差の3着に4番人気シャイニーピースが入った。

アロマドゥルセは栗東・音無秀孝厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト、母ジャッキーテースト(母の父カーネギー)。通算成績は11戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アロマドゥルセ(M.デムーロ騎手)
「強かったですね。以前に乗って勝ったことがあるので、同じペースでジリジリ伸びるのはわかっていました。だから早めのレースをしました。状態がよかったので、最後までよく伸びてくれました」

2着 ヴァントシルム(北村友騎手)
「前走でひと脚を使うことはわかっていたので、その脚をしっかり使うことを心掛けました。反応もよかったです。一旦は先頭に立ちましたが、今日は相手が強かったです」

3着 シャイニーピース(浜中騎手)
「前走から距離も延びてペースも緩くなると思ったので、前目で折り合いをつけて運ぼうと思いましたが、逃げる馬が控えたのが想定外でした。一列下がったところからのレースになりました。2列目の内で我慢できればと思っていたのですが...。でも、そんななかでよく頑張ってくれました」

4着 プリンスオブペスカ(幸騎手)
「いつもより早めに動いてのレースでしたが、途中で集中力がなくなりました。ゆっくり行ったほうがよかったのかもしれません。上がりが速くなったことも、よくなかったのかもしれません」