【安芸S】(阪神)~タイセイエクレールが接戦を制す [News]
2018/06/09(土) 16:33
阪神11Rの安芸ステークス(3歳以上1600万下・ダート1400m)は3番人気タイセイエクレール(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒2(稍重)。ハナ差の2着に1番人気ファッショニスタ、さらにアタマ差の3着に5番人気アードラーが入った。

タイセイエクレールは栗東・森田直行厩舎の5歳牡馬で、父ベーカバド、母クリスビーナス(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は29戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 タイセイエクレール(M・デムーロ騎手)
「いつも勝つ気持ちの強い馬です。右回りだと手前を替えないのですが、今日は替えてくれました。最後は内ばかりを見ていて、外から並びかけられて、ビックリしましたけど、勝てて良かったです」

2着 ファッショニスタ(川田将雅騎手)
「前回の競馬で馬がやめることを憶えてしまいました。今日は走る気が薄れていました。もう一回立て直しです」

3着 アードラー(松若風馬騎手)
「後方からいい脚を使っていますが、今日はペースが落ち着きすぎました」

4着 ヤマニンアンプリメ(鮫島良太騎手)
「流れが落ち着いてしまい、この馬自身も伸びてはいるんですが、最後は脚色が一緒になってしまいました」