【エプソムC】美浦レポート~サーブルオール [News]
2018/06/06(水) 15:35
10日(日)東京競馬場で行われるエプソムカップ(GIII)に出走予定のサーブルオール(牡5、美浦・萩原清厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

○サーブルオールについて萩原清調教師

(前走を振り返って)
「最後は絶望的な形になったのですが、そこからよく差し返してくれたと思っています」

(前走から2ヶ月半、中間の調整について)
「前走のレースのあとは放牧に出て、そのあとはこちらで調整しています」

(今年に入り1000万、1600万と連勝。要因は)
「もともとポテンシャルの高かった馬ですからね。少し足踏みしましたが、本来の力を発揮できるようになったのではないかと思います」

(最終追い切りについて)
「先週末に併せ馬で追い切りをやっていますので、今朝は単走で、馬の動きを重視しました。良かったと思います」

(現在の状態は)
「特に変わらず、順調に来ています。今回のコースについても特に問題はないと思います」

(レースに向けて)
「レースまでまだ日数もありますから、その間しっかり、いい状態でレースに使えるように頑張っていきます。応援よろしくお願いいたします」

(取材:小塚歩)