【ホンコンJCT】(東京)~グレンガリーが2番手から抜けて連勝 [News]
2018/06/03(日) 15:32
東京9Rのホンコンジョッキークラブトロフィー(3歳以上500万下、芝2000m)は3番人気グレンガリー(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒7(良)。1馬身1/4差2着に5番人気ニシノアモーレ、さらにクビ差で3着に9番人気シャイニーロケットが入った。

グレンガリーは美浦・萩原清厩舎の3歳牡馬で、父ハービンジャー、母エイグレット(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 グレンガリー(ルメール騎手)
「2番手の良いポジションにつけられました。リラックスしてマイペースで運べました。最後の直線、早く反応出来ませんでしたが、長くいい脚が使えてスタミナもあるので、決勝線まで頑張ってくれました。2000mは合っています。能力のあるいい馬です」

2着 ニシノアモーレ(戸崎騎手)
「気難しいところのある馬で、今日はゲートを出る気がありませんでした。その後はセンス良く、上手に走っています」

3着 シャイニーロケット(和田騎手)
「ジワジワ来る感じでした。(近走はダートを走っていましたが)芝でも走れます」

5着 サンシロウ(内田博騎手)
「前に行きたかったのですが、行けませんでした。最後はジリジリとした脚でした。力はある馬です」