【メイクデビュー】(東京5R、6R)~グランアレグリア、アカネサスが勝利 [News]
2018/06/03(日) 14:13
東京5Rのメイクデビュー東京(芝1600m)は1番人気グランアレグリア(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒6(良)。2馬身差2着に2番人気ダノンファンタジー、さらに3馬身1/2差で3着に7番人気フィッシュダイブが入った。

グランアレグリアは美浦・藤沢和雄厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母タピッツフライ(母の父Tapit)。

~レース後のコメント~
1着 グランアレグリア(ルメール騎手)
「調教では走りたがって引っ掛かるところもありましたが、今日はゲートの中でも大人しく、いいスタートでした。リラックスして走り、乗りやすかったです。もっと長い距離でも問題ないでしょう。直線で抜けて1頭になった時にムチを1回だけ使いましたが、すぐに反応しました。ゴールに入ってもまだ力がありました。強そうです。楽しみです」

(藤沢和雄調教師)
「時計が速いのは芝が刈ってあって短いからでしょう。この後はどのレースと決めずに、一旦牧場に戻してゆっくりやることにします」

4着 シックガニアン(丹内騎手)
「まだ若く、フラフラしていましたが、よく頑張っていました」


東京6Rのメイクデビュー東京(芝1400m)は1番人気アカネサス(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒7(良)。アタマ差2着に5番人気サワサワ、さらに1馬身1/4差で3着に4番人気ナタラディーヴァが入った。

アカネサスは栗東・浅見秀一厩舎の2歳牝馬で、父ロードカナロア、母クィーンズバーン(母の父スペシャルウィーク)。

~レース後のコメント~
1着 アカネサス(M.デムーロ騎手)
「強かったです。まだ甘いところはありますが、自信を持って乗りました。本当に走ります。キレる馬です。これから楽しみです」

2着 サワサワ(三浦騎手)
「ゲートを上手に出てくれました。調教に3回乗ってコンタクトを取ってきたのが活きました。終いはいい脚を使ってくれました」

3着 ナタラディーヴァ(武藤雅騎手)
「外枠で壁が作れずきつかったです。能力があるので、競馬ひとつで次もチャンスがあると思います」

15着 ヘヴンズコーヴ(ルメール騎手)
「ずっと忙しかったですし、まだ馬が若いです」