【安田記念】栗東レポート~リスグラシュー(矢作師) [News]
2018/05/30(水) 16:33
☆6月3日(日)東京競馬場で行われる第68回安田記念(GI)に出走を予定しているリスグラシューについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。
 ◎リスグラシューについて、矢作芳人調教師

・(ヴィクトリアマイルは)負けたということしかありませんが、直線伸びないかというところからまたグッと伸びたところに底力を感じました。負けたけど強い競馬でしたね。今年の春の大目標でしたからしっかり仕上げましたしあの馬のパフォーマンスは発揮してくれました。運だけがありませんでしたね。

・その後は思った以上にダメージが無く調整に関しては厩舎のいつものパターンで一週前は金曜日、そして今日ということで2本追い切りを消化しましたが至って順調です。今日はラストだけは気持ちを乗せておこうかと言うだけで、後はリラックスさせて走らそうという追い切りでした。自分の予想以上に良くなっている感じです。

・(牡馬と戦って勝った)東京新聞杯の時よりメンバーが強力ですからチャレンジャーであることは間違いありません。ただ今回は定量戦ですから東京新聞杯の時よりは重量的には有利ですね。それよりも思った以上に状態が良くヴィクトリアマイルの時より良いぐらいです。

・今年になってこの馬は、細いと言われた馬体、飼葉食い、輸送という課題が安定して心配の必要が無くなったことが一番の成長でしょう。このレースに挑戦を決めた時はいかに馬の状態を維持するかということを考えていましたがこの中間でむしろ馬が良くなったので楽しみです。チャレンジャーですから気持ちを楽にして臨めます。でも能力的には足りると思います。

〔取材:檜川彰人〕