【安田記念】栗東レポート~ペルシアンナイト(池江師) [News]
2018/05/30(水) 16:26
☆6月3日(日)東京競馬場で行われる第68回安田記念(GI)に出走を予定している馬について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ペルシアンナイトについて、池江泰寿調教師

・(大阪杯は)コンディションが良かったし中距離でどのような走りが出来るのか期待を持って見ていました。福永騎手がしっかり(ペルシアンナイトの)脚を溜めてくれたおかげで本来の末脚を引き出してくれてよく2着まで追い込んでくれたと思います。中距離のレースで目処が立ったレースでした。

・レース後は特に大きなダメージも無く順調で、一旦リフレッシュ放牧に出しました。(マイルCS以来のマイルですが)調教法を大きく変えることもありませんでしたが確かに久々のマイルがポイントになるでしょう。

・先週あたりまでは動きがモッサリしていて身体も余裕があって(一週前追い切りの)全体的な時計は遅いですけど最後はしっかりと伸ばしてという指示を与えました。まだ本来の動きではなかったので(今週の追い切りは)ある程度負荷をかけて欲しいということでやりました。何とか間に合ったという感じです。

・(4歳になって)外見上では身体の厚みが出てきて幅も出てきましたし牡馬らしい首になってきました。メンタル的にも少しヤンチャなところは大人になってきたなと思います。

・(東京競馬場との相性について)もともとコースを問わずマイルへの相性がいい馬だとは思いますが(東京マイルの)富士ステークスはその前に皐月賞、ダービーと長い距離を使って久々のマイルの流れに対応出来なかったとミルコ・デムーロ騎手も言っていました。今回もその点は懸念しているところです。

・ギリギリまで脚を溜めると鋭い末脚を使ってくれる馬です。3歳でマイルCSを勝った馬は名馬に育った馬がいます。この馬も名マイラーに育ってもらいたいので、しっかり結果を出してファンのみなさんに名マイラーと呼ばれるよう頑張っていきたいと思います。

〔取材:檜川彰人〕