【欅S】(東京)~直線で粘りをみせたドリームキラリが逃げ切る [News]
2018/05/26(土) 17:23
東京11Rの欅ステークス(4歳以上オープン・ダート1400m)は7番人気ドリームキラリ(坂井瑠星騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒8(良)。1馬身3/4差の2着に1番人気サンライズノヴァ、さらに3/4馬身差の3着に11番人気サトノファンタシーが入った。

ドリームキラリは栗東・矢作芳人厩舎の6歳牡馬で、父Giant's Causeway、母Truant(母の父Gone West)。通算成績は31戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 ドリームキラリ(坂井瑠星騎手)
「早めに来られて厳しい流れになりましたが、とらえられてからもう一度差し返してくれました。根性がとにかくすごい馬です」

1着 ドリームキラリ(矢作芳人調教師)
「オーストラリアのボウマン騎手との競り合いに勝ったことは立派でした。本来は小回りの1700mが合っている馬かなと思っていましたが、東京1400mでも勝てたことは大きいです。賞金を加算できたので、次走はゆっくりと考えます」

2着 サンライズノヴァ(戸崎圭太騎手)
「ゲートはいつも通りという感じでした。前が残っている展開の中でも追い込んできているので、よく頑張っています」

5着 ダノングッド(田辺裕信騎手)
「前走は後方から差し切る良い勝ちっぷりだったので今日は楽しみにしていました。着順は5着でしたが、展開が向かない中で良い脚を使っています。このクラスでも十分チャンスはあると思います」