【メイクデビュー】(中山5~6R) [News]
2013/09/22(日) 15:35
中山5Rのメイクデビュー中山(芝1600m)は、4番人気グリサージュ(江田照男騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒2。半馬身差の2着に8番人気オートクレールが、3馬身半差の3着に2番人気メイショウボイスがそれぞれ入線。

グリサージュは美浦・菊川正達厩舎の2歳牝馬で、父クロフネ、母リトルブレッシング(母の父バブルガムフェロー)。

レース後のコメント
1着 グリサージュ 菊川正達調教師
「まだ全体に緩くて、それでも稽古は走りますから能力が高いんでしょうね。日頃から素直でテンションが上がることもありません。ですから、距離が延びても大丈夫だと思います。これで体がしっかりしてくれば楽しみです」

2着 オートクレール 松岡正海騎手
「少頭数でそれなりのポジションで競馬ができたのがよかったのでしょうね。でも、精神的にも肉体的にも若くて、課題が多いですね。馬ごみもあまりよくありません」

4着 セルバンテス 久保田貴士調教師
「初戦としては上々の内容だと思います。まだそれほどビッシリとやっているわけではないですし、この状態でどれだけ走れるか使ってみました。3~4コーナーあたりで少し遊んでいるような素振りをしていましたが、外から馬が来たら、やっと火がついたようですね。まずは様子を見てから、このあとのことを決めたいと思います」


中山6Rのメイクデビュー中山(芝1200m)は、1番人気タカミツダンサー(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒0。2馬身半差の2着に7番人気ロココが、1馬身3/4差の3着に5番人気ヴェアリアスサマーがそれぞれ入線。

タカミツダンサーは美浦・高橋裕厩舎の2歳牡馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母スズノヒロイン(母の父スペシャルウィーク)。

レース後のコメント
1着 タカミツダンサー 三浦皇成騎手
「調教の段階で能力があるのはわかっていましたが、周りを怖がったりとまだ子どもっぽいところがあります。それでも今日は馬群で我慢して、直線で弾けてくれました」

2着 ロココ 江田照男騎手
「小柄でもバネがあります。まだ自分のリズムになるまで時間がかかりますが、自分のリズムになってからはいい走りでした」

3着 ヴェアリアスサマー 柴田大知騎手
「いいモノは持っていますが、まだ子どもっぽいところがあるので、そのあたりが解消してくればいいですね」