【2歳未勝利】(中山1~2R) [News]
2013/09/22(日) 15:29
中山1Rの2歳未勝利(ダート1800m)は、3番人気トゥインクリング(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分56秒9。クビ差の2着に10番人気ヒムカが、1馬身半差の3着に1番人気ダノンミシガンがそれぞれ入線。

トゥインクリングは美浦・田村康仁厩舎の2歳牡馬で、父プリサイスエンド、母ノビー(母の父アフリート)。通算成績は3戦1勝となった。

レース後のコメント
1着 トゥインクリング 北村宏司騎手
「ゲート内で立ち上がりはしましたが、スタートは普通に出てくれました。前回のレースと同じ条件というのもよかったのでしょう。リズムよく走って、行き出してからはハミをとってくれました。前回同様、フワフワするところはありましたが、最後もよく伸びてくれました」

2着 ヒムカ 大野拓弥騎手
「ダートは合いますね。一回レースを使って、馬はよくなっていました」

3着 ダノンミシガン 三浦皇成騎手
「ゲート内で待たされた分でしょうか。スタートで遅れて後方の位置になってしまいました。それでも最後はよく伸びていますし、ダートも大丈夫です」


中山2Rの2歳未勝利(牝馬・芝1200m)は、2番人気クラシックマーク(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒5。1馬身1/4差の2着に7番人気シゲルトオトウミが、クビ差の3着に3番人気マイネパシオーネがそれぞれ入線。

クラシックマークは美浦・粕谷昌央厩舎の2歳牝馬で、父アグネスデジタル、母ステキプレゼント(母の父ジェニュイン)。通算成績は3戦1勝となった。

レース後のコメント
1着 クラシックマーク 粕谷昌央調教師
「中1週のローテーションでしたが、気持ちに余裕がありましたので使ってみました。そのゆったりとした性格がスタートに表れて、ゆっくりとしか出てくれないので、今日は何とか他の馬と一緒に出てくれと思いながら見ていました。女の子ですので飼い食いなども少し細くて、今日も体重が減っていましたから、体を戻しながら距離を少しずつ延ばしていこうと思います。もう少し距離があったほうがレースはしやすいかもしれませんね」

2着 シゲルトオトウミ 武市康男調教師
「枠順からどうしても外々を回らされましたが、あわや勝ったかというレースでしたね。最後は切れ味の差が出てしまいました。その切れ味の点で、今日の結果が出なければダートへ行く予定でしたが、もう一度考えなければいけませんね」

3着 マイネパシオーネ 丹内祐次騎手
「前半行きたがるところがありましたし、外へ行きたがるところもあって、我慢しました。やはり力がありますね」

4着 エタニティタイム 田辺裕信騎手
「テンションが上がりやすい馬なので、間をあけながら使ってもらっているのですが、今日のレースだったら押し切って欲しかったですね。非力は非力なんですが、性格がやはり課題でしょうね」