【日本ダービー】美浦レポート~ステルヴィオ [News]
2018/05/23(水) 16:33
 27日(日)に東京競馬場で行われる第85回日本ダービー(GI)に出走するステルヴィオ(牡3、美浦・木村哲也厩舎)について、追い切り後の木村哲也調教師のコメントは以下の通り。

※木村哲也調教師は今回がダービー初挑戦
「最終追い切りはいつも通りできれば、と考えていましたがいつも通りでした。1週前にはルメール騎手に乗って貰いましたが、併せ馬で追い切って『OK』と言ってくれました。状態に関してもいつも通りでした。

 (皐月賞を振り返って)馬は勿論ですし、関係者の皆様にも申し訳ないという気持ちで...。奥歯をかみ締めて走ってきたという感じで、そんな姿を見ても申し訳なかったなと思います。皐月賞の後も彼は必死に頑張ってくれているな、というのは伝わってきました。彼に対する要求、というものはもう無いですね。(ダービーに向けて良い状態になった?という問いに)結果が出てみないと分かりませんが、良かれと思って日々取り組んできました。(東京2400mのイメージは)レースに向けて少しでも健康な状態で出せれば、という事だけですね。

 ステルヴィオがデビューしてから丸1年経ちますが、僕自身はこの馬に引っ張ってきてもらったという気持ちが凄く強いです。今週こういう(ダービーに挑む)機会を得たということも含めて、僕に色々な事を教えてくれました。彼に対する感謝、リスペクトの気持ちを何とか最大限に発揮できる場所を作ってあげたいですし、それが最大の恩返しだと思っています。今日も厩舎のスタッフは最大限の仕事をしてくれたと自負していますし、その頑張りが報われるように、レースまで持って行きたいです」

(取材:大関隼)