【日本ダービー】栗東レポート~サンリヴァル(浜中騎手) [News]
2018/05/23(水) 14:56
5月27日(日)に東京競馬場で行われる第85回日本ダービー(GI)に登録しているサンリヴァル(牡3、栗東・藤岡健一厩舎)について、追い切り後の浜中俊騎手のコメントは以下の通り。

(騎乗依頼が決まった気持ちは?)
「先週の日曜日の競馬が終わってから(依頼の)話を聞きました。依頼をいただけたことが素直に嬉しかったです」

(最終追い切りに跨がっての感触は?)
「すごく乗りやすい馬で、追い切りは良い動きでしたので、良い感触を持つことができました。
 あまり先入観は持たずにやったので、乗ったままのイメージという感じです。非常に操縦性が高くて、落ち着いた馬だと思います。
 (藤岡調教師とは)"乗りやすくて非常に良い動きをしていました"という話ぐらいで、詳しい打ち合わせなどはまだこれからだと思います。今朝はその程度の会話をしました。
 枠が出るなどこの後いろいろ決まってから調教師とは話をすると思うので、今はあまり分からないですね」

(レースで一緒に走った際の印象は?)
「いつも前目に位置していますし、そこで折り合いがついて最後まで頑張っている印象がありました。皐月賞では横で見ていましたが、非常に乗りやすそうだなと思っていました」

(今回のレースに向けて)
「リラックスして競馬を迎えて、レース中ももちろんリラックスして走れるようにしたいです。あとは打ち合わせもあるので、ゲートを出てからその辺を上手く組み立てられれば良いなと思います。
 もちろんダービーですので、素晴らしい馬たちが集まっています。みんな強いという印象はあります。
 競馬の祭典と言われていますし、ダービーを目標に競馬サークル内みんながやっていると思います。やはりレースの重みは少なからず感じていますので、特別なレースだと思います。
 こうして騎乗する機会をいただいて、騎手として本当に光栄なことだと思います。その期待に応えられるように一生懸命乗りたいと思いますので、頑張ります」

(取材:米田元気)