【下鴨S】(京都)~マウントゴールドがハナ差凌いで勝利 [News]
2018/05/20(日) 16:22
京都11Rの下鴨ステークス(4歳以上1600万下ハンデ、芝2000m)は2番人気マウントゴールド(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒8(良)。ハナ差2着に10番人気スズカルパン、さらに3馬身1/2差で3着に3番人気ドレッドノータスが入った。

マウントゴールドは栗東・池江泰寿厩舎の5歳牡馬で、父ステイゴールド、母マウントコブラ(母の父Mt. Livermore)。通算成績は14戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 マウントゴールド(浜中騎手)
「思ったより反応が良すぎて早めに抜け出す形になりましたが、それでもよく持ちこたえてくれました。乗り替わりはラッキーでしたね」

2着 スズカルパン(幸騎手)
「9歳馬ですが、力のあるところは見せてくれました。ホントに惜しかったです」

4着 マイネルネーベル(国分恭騎手)
「気の悪いところがあって、ためる競馬を試みました。今のところはこういう形の方がいいのかもしれません」

11着 テーオービクトリー(四位騎手)
「乗りやすくて、最後はいい脚を使うと聞いていましたが、伸びがありませんでした。ペースも速くて流れは向いていると思っていましたが...。コーナー4つの競馬が良くないのかもしれません」