【メイS】(東京)~ダイワキャグニーが人気に応える [News]
2018/05/19(土) 17:20
東京11Rのメイステークス(4歳以上オープン・ハンデ・芝1800m)は1番人気ダイワキャグニー(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒6(良)。半馬身差の2着に5番人気ストーンウェア、さらに半馬身差の3着に2番人気サトノアーサーが入った。

ダイワキャグニーは美浦・菊沢隆徳厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母トリプレックス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は10戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ダイワキャグニー(菊沢隆徳調教師)
「時計が優秀で、最後も狭い所を割って伸びているので、内容がとても良かったです。本当に収穫の多いレースでした。次走については、勝つことができたのでエプソムカップも視野に入れて、様子をみてから決めます」

2着 ストーンウェア(蛯名正義騎手)
「ペースが速いなかでも勝ち馬の後ろを追走できて最後も伸びています。ジリジリという感じで、ギアがスッと入ればもっと良かったのですが、このクラスでも十分にやれることが分かりました。距離は2000mでも大丈夫です」

4着 バーディーイーグル(三浦皇成騎手)
「半年以上休んでこの競馬ですから大したものです。本当によく頑張っています。使ってさらに良くなると思います」

5着 アストラエンブレム(内田博幸騎手)
「内々を通って、直線でもうまく道をつくれました。久々でしたがいい競馬ができました。スタートをしっかりと出て、リズム良く行ければさらに良いレースが期待できます」