【平安S】(京都)~サンライズソアが逃げ切る [News]
2018/05/19(土) 16:54
京都11Rの平安ステークス(4歳以上GIII・ダート1900m)は7番人気サンライズソア(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒3(稍重)。1馬身半差の2着に3番人気クイーンマンボ、さらにハナ差の3着に5番人気クインズサターンが入った。

サンライズソアは栗東・河内洋厩舎の4歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母アメーリア(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は17戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 サンライズソア(M・デムーロ騎手)
「強いです。もっと力のある馬ですが、難しいところがあります。逃げると一生懸命走る馬です。ゲートにうるさいところがあります。今日はメンバーが強いと思っていましたが、この馬も強いです。逃げて落ち着いたペースで行けました」

2着 クイーンマンボ(C・ルメール騎手)
「良いポジションでレースができましたが、向正面では少し忙しかったです。それでもよく頑張っていると思います。距離は1800m以上が合います。前走は小回りで苦しんでいるところがありました。休み前と比べるとパワーアップしています」

2着 クイーンマンボ(角居勝彦調教師)
「一回使って良くなっています。強い馬を相手によく頑張っていると思います。この後はひと息入れて夏の門別(ブリーダーズゴールドカップ)に向かいます」

3着 クインズサターン(四位洋文騎手)
「ロスなくレースをして欲しいという指示でしたが、最高の形で競馬ができました。2着はあるかなとは思ったんですが...」

4着 ミツバ(松山弘平騎手)
「1枠でしたが、まじめに走ってくれました。行きっぷりも良かったです。1~2コーナーでペースが落ち着いたので、動いて行きました。もっとペースが流れてくれたら良かったです。強いレースをしてくれています」

5着 グレイトパール(川田将雅騎手)
「向正面までは良い形でしたが、そこから先がこの馬にとっては良い形になりませんでした。こういった結果になって、申し訳なかったです」