【早苗賞】(新潟)~ヴォウジラールがハナ差の接戦を制す [News]
2018/05/19(土) 15:50
新潟10Rの早苗賞(3歳500万下・芝1800m)は2番人気ヴォウジラール(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒6(重)。ハナ差の2着に9番人気タイプムーン、さらに1馬身3/4差の3着に1番人気ボナヴィーゴが入った。

ヴォウジラールは美浦・尾関知人厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ、母レジェンドトレイル(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴォウジラール(丸山元気騎手)
「今日は馬場がこの馬に向きましたし、内枠も良かったですね。4コーナーからするすると上がって行けましたし、全てがうまくいきました」

2着 タイプムーン(宮崎北斗騎手)
「リズムを大事に運んで、自分の思った通りの競馬ができました。やったと思いましたが...。惜しかったです」

9着 ナラトゥリス(菱田裕二騎手)
「3走前の東京(赤松賞)で切れる脚を使いましたし、新潟で未勝利を勝った時や昇級戦(赤松賞)の時のイメージで乗りましたが、負けるにしても負けすぎでした。今日はこの馬場がこたえたとしか考えられません」