【カーネーションC】(東京)~ゴージャスランチが人気に応える [News]
2018/05/19(土) 15:32
東京9Rのカーネーションカップ(3歳500万下・牝馬・芝1800m)は1番人気ゴージャスランチ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒6(良)。クビ差の2着に2番人気レッドランディーニ、さらに3/4馬身差の3着に8番人気リープフラウミルヒが入った。

ゴージャスランチは美浦・鹿戸雄一厩舎の3歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母シーキングマイラブ(母の父Seeking the Gold)。通算成績は7戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ゴージャスランチ(鹿戸雄一調教師)
「一瞬あぶないかなと思いましたが、力通りの競馬でした。次走については一休みしてから考えたいと思います」

2着 レッドランディーニ(戸崎圭太騎手)
「勝ったかと思うほどの良い内容でした。レースが上手で終いもしっかり伸びています」

3着 リープフラウミルヒ(柴田大知騎手)
「力を出し切りました。スタミナがあるので1800mも合っています。今日は自分の形に持ち込めたことが良かったです」

4着 ファストライフ(北村宏司騎手)
「スタートを出て2番手を取れてスローな流れにうまくのれました。上手な競馬でしたし、最後までよく頑張っています」

7着 ダイワメモリー(内田博幸騎手)
「今日はマイナス8キロでしたし、テンションが高かったです。ポテンシャルは良いものを持っているので、これからもっと良くなっていくと思います」