【オークス】美浦レポート~パイオニアバイオ [News]
2018/05/16(水) 15:45
5月20日(日)に東京競馬場で行われる第79回優駿牝馬(オークス・GI)に出走を予定しているパイオニアバイオ(牝3歳、美浦・牧光二厩舎)について、追い切り後の牧光二調教師のコメントは以下の通り。

(前走のフローラSを振り返って)
「初めての重賞でしたが、馬も騎手もよく頑張ってくれたと思います。もともと何事も器用にこなしてくれますし、いつも一生懸命走ってくれる馬ですね」

(中間の様子は?)
「しっかり疲れをとって、コンディションが落ちないよう調整してきました」

(北村宏司騎手が乗っての最終追い切りについて)
「北村騎手には先週からしっかり乗ってもらっているので、今日は息を整える程度でした」

(北村騎手とはどんなお話を?)
「頭が高い馬なのでどうかなという話と、映像を見ながらレースについての相談をしました」

(レースに向けての感触は?)
「馬の動きは良かったですし、北村騎手も手応えを感じているようなので頑張って欲しいです」

(レースを続けて使われていますが、現在の状態面はいかがでしょう?)
「特に疲れはなく来ています」

(馬体面、精神面の変化は?)
「元々しっかり走れる馬なので大きな変化は感じていません。馬体重も変わらず来ています」

(2400メートルという距離は?)
「血統的からみても走りからしても問題ないかなと思います」

(お母さんのアニメイトバイオと似ている点は?)
「脚質も頭が高い走行フォームもそっくりですね」

(この馬の強みは?)
「いつも安定してしっかりと走ってくれるところですね」

(どんなレースを期待してる?)
「レースまでしっかり管理したいと思いますので、あとは無事に帰ってきてくれれば良いです。今回も頑張ってくれると思いますので、ぜひ応援をよろしくお願いいたします」

(取材:小屋敷彰吾)