【オークス】美浦レポート~マウレア [News]
2018/05/16(水) 15:32
5月20日(日)に東京競馬場で行われる第79回優駿牝馬(オークス・GI)に出走を予定しているマウレア(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎)について、追い切り後の手塚貴久調教師のコメントは以下の通り。

(今朝の追い切りについて)
「準オープンの馬を先行させて内にもぐりこんで、上がり重点で行いました。とても良い反応でした。動き自体良かったですし体調も維持できているので、レースに向けていい状態かなと思います」

(桜花賞後の馬の様子は?)
「レース終わってから2週間ほど栗東に残しましたが、リフレッシュできたのではないかなと思います。この中間に歯替わりがありましたが、今は落ち着いているようなので問題なく来ています。栗東から美浦に戻ってきてからはオークスに向けて順調に乗り込んできてます」

(歯替わりは飼い食いにも影響があるんでしょうか?)
「口の中でモゴモゴする時間が長くなるという噛み返しがありましたが、どんな馬でも避けて通れないのでこれについては仕方ないと思います。ただそこはうまく対応できたのでそこまで心配しなくて大丈夫だと思います」

(馬体重については?)
「前走と同じくらいで出られればいいかなと思います。桜花賞の時は前日までは体があったのですが、当日栗東から阪神への輸送で減ってしまったので、今回も美浦から競馬場への輸送で多少減るかなと思います。だからその分美浦で少しふっくらした状態であればいいなと思います」

(ここまでの戦績についてはいかがでしょうか?)
「順調に使えていますが、ここ数戦は勝ちきれないレースが続いていました。ただ、大崩れするようなところもありませんでしたし、この子の力をしっかり出し切れるように仕上げたいです。今のところそのように来ています。今までのレースが十分というわけではありませんが、オークスという大舞台で好戦してもおかしくない中身ではあると思います」

(お姉さんのアユサンと比べると?)
「よく聞かれますが、レースの内容は似ているところがありますね。体はアユサンの方が大きかったですが、体質面はこの子のほうが芯があると感じます。体は小さくても気の強さはお姉さんよりあるのではと思います。それが大崩れしない成績につながっているような気がします」

(アユサンはオークスで4着でしたね)
「期待していきましたが、あの時は当日かなり入れ込んでしまっていました。桜花賞でこの馬はお姉さんのところまでたどり着けなかったので、オークスではお姉さん以上の成績を残してもらいたいです。それだけの力は十分ありますのでしっかりと仕上げます」

(しかしライバルは強力?)
「(アーモンドアイ、ラッキーライラックの)2頭は正直強いかなと思います。実際に手合わせしても『なんで?』と思ったところはありました。ただやるからにはつけ入る隙を探って、ひと泡吹かせたいなとは思っています。武豊騎手もそのあたりは考えてくれると思います。楽しみになるようなレース内容であって欲しいです」

(枠については?)
「桜花賞は外すぎたという印象があるので、自在性をいかせる真ん中寄りの枠がいいかなと思います」

(流れ、位置取りは?)
「それは鞍上にお任せで良いと思います。思ったようにはなかなかなりませんので」

(取材:小屋敷彰吾)