【オークス】美浦レポート~トーセンブレス(加藤征弘調教師) [News]
2018/05/16(水) 15:02
5月20日(日)に東京競馬場で行われる第79回優駿牝馬(オークス・GI)に出走を予定しているトーセンブレス(牝3歳、美浦・加藤征弘厩舎)について、追い切り後の加藤征弘調教師のコメントは以下の通り。

(今朝の最終追い切りについて)
「あまり気持ちを乗せすぎないように調整しました。非常にリラックスして落ち着きもあって、良いストライドで走れていたと思います」

(この中間はどのあたりを意識して調整してきましたか?)
「この中間に限らず、この馬を管理させてもらってから常に落ち着きを保てるように調整してきました」

(落ち着きを保つのが難しい馬ということなのでしょうか?)
「これまでこの母系を管理させてもらってきましたが、競馬を使い込むと気持ちが乗りすぎるという血統背景があったので、この馬もそのあたりを特に気を付けてきました」

(桜花賞のレースぶりは?)
「ジュベナイルフィリーズも桜花賞もどちらも枠が内目だったので、他馬に囲まれる形になり直線で外に出すのに少し時間がかかってしまいました」

(そこからの様子は?)
「フラワーカップの1ヶ月くらい前から(引き続き桜花賞の後も)厩舎に残って調整を続けてきましたが、厩舎に置けば置くほど落ち着いてきたなという印象です。この馬の場合は放牧に出したりといった入れ替えを激しくするよりは、厩舎に残っていたほうが落ち着いていられるタイプなのかもしれません」

(馬体重についてはどうでしょうか?)
「桜花賞を使ってからの馬体の回復が早く、精神的にも落ち着いているので460キロを切らないぐらいの体重で出走できるのではと考えています」

(府中への輸送については?)
「阪神へ輸送して特に馬体重の変動がなかった馬なので、府中への輸送は全く心配していません」

(レースについて)
「他馬に囲まれることのないようゆったりと走れるような位置取りを考えています」

(枠については?)
「あまり内目は好ましくないですが、もし内に入ったら最初の2ハロンぐらいゆったりと下げていくという戦法もとれますので、その辺りは枠の並びが決まってから臨機応変に対応できると思います」

(週末は天気が崩れるという予報もありますが、馬場については?)
「初戦の時にかなりぬかるんだ馬場で坂をあれだけの勢いでのぼってこられましたし、普段の調教でもかなり重い馬場でも脚をとられるようなことはありませんので、そこは心配していません」

(輸送は前日または当日のどちらでしょうか?)
「当日輸送を考えています」

(取材:小屋敷彰吾)