【オークス】美浦レポート~アーモンドアイ(C.ルメール騎手) [News]
2018/05/16(水) 14:49
5月20日(日)に東京競馬場で行われる第79回優駿牝馬(オークス・GI)に出走を予定しているアーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)について、C.ルメール騎手の追い切り後のコメントは以下の通り。

(先週、今週とアーモンドアイに乗った感触は?)
「今日もリラックスしていて良い反応でしたし、コンディションも良さそうですね。動きに無駄がありませんし、息も入っていましたし大丈夫そうです」

(ゴールを過ぎてもアクションはありましたが?)
「追い切りを始めた2コーナーのところがゆっくりすぎたので、ゴール後も伸ばしてしっかりと走らせました。オークスに向けてトップコンディションになったと思います」

(桜花賞は本当に強かったですね)
「直線ではこの馬自ら良い脚を使ってくれたので、僕はただのパッセンジャー(乗客)でした。あの後ろのポジションから差しきるのですから強いですね。直線の伸び脚は乗っていて気持ちよくなるくらいでした。特別な牝馬だと思います。」

(ゴーサインを出すときどんな合図を出すのですか?)
「言葉も合図も必要ないですね。彼女が自分から反応してくれるのでこちらは何もしなくても加速してくれます」

(去年はソウルスターリングでオークスを制しましたが、去年と今年で自信のほどは?)
「今年のほうが自信はあります。去年のソウルスターリングは桜花賞で負けていたというのがありますし、距離が伸びることも心配でした。今年のアーモンドアイは桜花賞を勝っていますし、2400メートルの距離も心配していません」

(位置取りについては?)
「レースでは乗りやすくリラックスして走ってくれますし、どのポジションからでも大丈夫です。普段はスタートでダッシュがつかず後ろからになりますが、この馬のダッシュ、そしてペース次第では中団からでも行けると思います」

(たくさんある中でこの馬の最大のストロングポイント、強みは?)
「桜花賞で残り300メートルからスピードアップしていたように、加速し続けるところが特にすごいです。これだけ瞬発力のある馬はなかなかいません。直線では前走のように手前を替える馬ですが、それでも加速し続けますね」

(反対にウィークポイントは?)
「まだ見つけていないですし、見つけたくないですね」

(レースが楽しみです)
「はい、もちろん楽しみです。ただGIなのでラッキーライラックをはじめ、他にも強い馬がたくさんいて勝つことは簡単ではないと思います。だから、集中して走らせてスムーズなレースをしたいです」

(オークス当日の5月20日は特別な日なのですよね?)
「はい、5月20日は僕の誕生日です。だから、大きなプレゼントが欲しいですね」

(取材:小屋敷彰吾)