【BSイレブン賞】(東京)~ワンダーリーデルが好位から抜け出す [News]
2018/05/13(日) 17:47
東京12RのBSイレブン賞(4歳以上1600万下・ダート1400m)は4番人気ワンダーリーデル(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒4(重)。クビ差の2着に5番人気ビックリシタナモー、さらに2馬身半差の3着に3番人気タイセイエクレールが入った。

ワンダーリーデルは栗東・沖芳夫厩舎の5歳牡馬で、父スタチューオブリバティ、母アストレアピース(母の父マヤノトップガン)。通算成績は16戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ワンダーリーデル(和田竜二騎手)
「スタートが良く、もまれない位置で競馬ができました。直線でも仕掛けを待つ余裕がありましたし、ここでは力が一枚上でした」

3着 タイセイエクレール(内田博幸騎手)
「相手次第ですが、もうワンパンチほしいです。今日のような馬場より力のいる馬場の方が良いのかもしれません」

4着 タイセイプレシャス(池添謙一騎手)
「終いにかける馬ですから、テンに無理しないで行きました。追走もしっかりとしていましたし、砂を被っても大丈夫でした。ダート1400が合っているのだと思いますが、最後も良い脚でした」

5着 アフターバーナー(C・ルメール騎手)
「勝ち馬の後ろから頑張ってくれましたが、最後はバテてしまいました」