【青竜S】(東京)~グリムが激しい叩き合いを制す [News]
2018/05/13(日) 15:54
東京10Rの青竜ステークス(3歳オープン・ダート1600m)は5番人気グリム(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒9(稍重)。アタマ差の2着に1番人気スマハマ、さらに1馬身差の3着に2番人気オメガパフュームが入った。

グリムは栗東・野中賢二厩舎の3歳牡馬で、父ゼンノロブロイ、母ブランシュネージュ(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 グリム(川田将雅騎手)
「1600mでもすんなり行くことができました。最後も差し返してくれて良い内容でした」

2着 スマハマ(藤岡佑介騎手)
「スタートで立ち遅れたので、砂を被らせながらのレースとなりました。一度先頭に立ったのですが、ステッキを入れたらよれてしまいました。57キロの影響もあったのかもしれません。一度使ったことで良くなると思います」

3着 オメガパフューム(M・デムーロ騎手)
「入れ込んでいて、直線では手前が替えられませんでした。1600mはこの馬にとって短いかもしれません。まだ3戦目なので今後さらに良くなると思います」

5着 メイショウミライ(和田竜二騎手)
「スタートしてから折り合うまではジッとしていました。最後きてはいますが、今日は上位が強かったです。反応が良すぎるので、短い距離の方が良さそうです」