【テレ玉杯】(東京)~ルネイションが最内から差し切る [News]
2018/05/13(日) 15:17
東京9Rのテレ玉杯(4歳以上1000万下・牝馬・芝2000m)は2番人気ルネイション(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒8(良)。クビ差の2着に3番人気スマートルビー、さらに3/4馬身差の3着に5番人気フロムマイハートが入った。

ルネイションは美浦・栗田徹厩舎の5歳牝馬で、父アドマイヤムーン、母パラフレーズ(母の父Pivotal)。通算成績は13戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ルネイション(田辺裕信騎手)
「もともと1600mはこの馬には忙しく、2000mは延びたというより距離が戻ったと言えると思います。道中はタメがきいて良かったです。切れ味を持っている馬です」

2着 スマートルビー(戸崎圭太騎手)
「良い位置で競馬ができて道中も良い感じでした。以前乗った時より馬が良くなっていました」

3着 フロムマイハート(柴田大知騎手)
「楽に良い感じで行かせてもらえて、あれで差されるとは思いませんでした。相手が悪かったです。しかし、力はあるのでどこかで勝てると思います」