【夏木立賞】(東京)~レイエンダが復帰戦を白星で飾る [News]
2018/05/12(土) 15:45
東京9Rの夏木立賞(3歳500万下・芝2000m)は1番人気レイエンダ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒8(良)。1馬身3/4差の2着に3番人気ドミナートゥス、さらに2馬身差の3着に6番人気フィールインラヴが入った。

レイエンダは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ラドラーダ(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 レイエンダ(C.ルメール騎手)
「兄のレイデオロと似ていて、走ることが大好きな馬です。それもあって、返し馬の時から走りたがっていました。スタートしてからも行く気を見せましたが、なだめて後ろのポジションにつけたところ、道中はリラックスしていました。能力がある馬なので、大きな舞台でも走れる力がありそうです」

(藤沢和雄調教師)
「厩舎から気合いが入っていました。少し心配でしたが、ジョッキーがなだめて乗ってくれました。想像以上に強かったですね。経験も少なく、とにかく広いコースで走りたいので、在厩で東京でもう一度使いたいです」

3着 フィールインラヴ(戸崎圭太騎手)
「スタートが速く、スムーズなレースが出来ました。最後もしぶとくて、いいレースをすることが出来ました」

4着 バールドバイ(北村宏司騎手)
「スムーズなレースは出来ましたが、坂を上って途中から苦しくなりました。馬の出来は良かったので、また頑張ってくれると思います」

6着 ビービーデフィ(武豊騎手)
「レース前に馬がパニックしてしまい、返し馬で止まりませんでした。レースでも夢中で走っていて、ラストは止まってしまいました」