【あやめ賞】(京都)~ニシノキントウンが接戦を制す [News]
2018/05/12(土) 15:25
京都9Rのあやめ賞(3歳500万下・芝1200m)は2番人気ニシノキントウン(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒7(良)。クビ差の2着に9番人気トンボイ、さらにハナ差の3着に5番人気タイキサターンが入った。

ニシノキントウンは栗東・北出成人厩舎の3歳牡馬で、父クロフネ、母ニシノモレッタ(母の父タイキシャトル)。通算成績は9戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ニシノキントウン(幸英明騎手)
「距離を短くして安定してきました。良いと思います」

2着 トンボイ(酒井学騎手)
「前に行きましたが、坂の下りの手前で手綱を抱えて、ペースをゆっくり入れました。ゴール手前の2,3完歩で体が浮くような感じになり、苦しくなりましたが、自分の形の競馬で辛抱してくれました。リフレッシュしたのもあって、この馬なりにテンションは落ち着いていました」

3着 タイキサターン(福永祐一騎手)
「もう少しでした。最後まで頑張っていました」

5着 クインズチャパラ(松若風馬騎手)
「脚は使ってくれていますが、展開がうまく行きませんでした」