【ヴィクトリアマイル】栗東レポート~リスグラシュー(矢作芳人調教師) [News]
2018/05/09(水) 14:19
5月13日(日)に東京競馬場で行われる第13回ヴィクトリアマイル(GI)に登録しているリスグラシュー(牝4、栗東・矢作芳人厩舎)について、追い切り後の矢作芳人調教師のコメントは以下の通り。

(前走の阪神牝馬S3着を振り返って)
「自分としてはトライアルという位置付けだったので、負けましたが、結果以外には全て満足しています。
 最後まで自分の競馬を貫き通した点、あるいは馬体重や調整面など今回に向けての布石という点で、良いレースだったと思っています」

(前走後の調整について)
「この馬はずっと厩舎に置いておくと、少しテンションが上がるというか、気合いが入り過ぎるので、必ず一回はリセットしてあげるというやり方を継続しています」

(調教過程を振り返って)
「先週でしっかりとやることで今週の調整が楽になると思ったので、先週は目一杯には追っていませんが、割りと負荷をかけるというか、速い時計を出すということで乗ってもらいました。予定通りです。
 (武豊騎手が動き以上に時計が出ていると言っていたが)成長を感じる部分はそこでしょうね。
 今日は、指示は54秒で馬なり、並走馬に併せるだけのイメージという感じで、指示通り乗ってくれたと思います。
 折り合い面というのは、多少気を遣わなければならないので、調教のテーマとしてはやってきています。前走でスローペースの中でも折り合えていたということからも、今回のメンバーを見る限り、あまり折り合いの心配をしなくても良いかなと思っています」

(今回のレースに向けて)
「ゲートには多少不安があります。この馬は練習では大人しいので、競馬に行ってしかやらないものですから、なかなか分からない部分はあります。
 (東京のマイルは)実績が示す通りです。本来は東京に輸送するよりも関西で競馬した方が楽なので、どうなのかなと思いますが、それで勝てているということは、やはりコース的な相性は良いのではないかと考えています。
 跳びの大きな馬なので、もう少し長い距離かなと当初は考えていました。ただ、折り合い面を考えるとやはりマイルなのかなというのは桜花賞の前ぐらいから思っていました。
 トモが明らかに良くなっていると思います。その分馬がパワーアップしていると思います。心(の成長は)は...ちょっとだけかな(笑)。気合いが乗りすぎているぐらいに見えても私は構わないと思っています。
 東京新聞杯の時に、あそこでスパッと抜け出せないところが3歳時の惜敗に見られたところだと思います。綺麗に馬群を割れるようになったというのは変わってきたところだと感じました。しかし、どんな競馬でもできます。
 (一番の強みは)コンスタントに、非常に堅実に、常に一生懸命走るところだと思います。
 乗るのが天才ですから(レースは)全てお任せします。
 去年の秋から、春はここが目標だと考えてきました。いよいよだなという気持ちです。GIで2着3回なので、皆さんに今度こそと言われますが、人間が硬くならないのが一番かなと思っていますので、普段通りやりたいです。
 鍵はやはりゲートではないでしょうか。ゲートをしっかり出られると良いなと思っています。
 自然体で臨みたいと思いますし、良い状態に持って来られています。これで競馬にこのまま行ければ、必ず好レースをしてくれると思いますし、あとはツキがあれば勝てるのではないでしょうか」

(取材:米田元気)