【ヴィクトリアマイル】栗東レポート~リスグラシュー(武豊騎手) [News]
2018/05/09(水) 14:17
5月13日(日)に東京競馬場で行われる第13回ヴィクトリアマイル(GI)に登録しているリスグラシュー(牝4、栗東・矢作芳人厩舎)について、鞍上の武豊騎手のコメントは以下の通り。

(今週からの自身の復帰について)
「ワクワクしています。乗れないのは悔しかったですが、じっくり競馬を見る機会があまりないので、36レース見ていました」

(前走の阪神牝馬S3着を振り返って)
「メンバー的にスローペースになるだろうと思っていました。あまり器用さがある馬ではないですし、思った以上に遅いレースになってしまい、それが響いて3着だったという感じです。ただ、走り自体はすごく良かったので、そんなに悪いレースではなかったと思います」

(自身が乗った1週前追い切りを振り返って)
「元々調教はすごく走る馬ですが、すごく良い動きでタイムも思った以上に速かったです。
 昨年の今頃と比べると馬が力強くなったというか、パワーアップしたなと感じます。調教も以前よりさらに動くと言いますか、体調が良いのでしょう。非常に気持ち良さそうに走っていました。
 今日は乗っていませんし、動きは見ていませんが、今週はそれほどやらないということでしたし、タイムは聞きました。予定通りの調整ができたのではないでしょうか。状態は良いと思います」

(東京のマイルについて)
「結果が出ていますし、いろいろな距離で走っていますが、やはり1600mが一番合っているのかなと思います。元々焦れ込むところがあるので、遠征するとさらに焦れ込むのですが、結果が出ているので、良い舞台だと思います。しかも牝馬限定なので、この馬にとってはこのレースが一番GIを勝つチャンスのあるレースだと思いますし、悲願のGIなので、今回はすごく大きなチャンスだと思っています。
 3歳の春だと馬ごみに入ると少し体を硬くするというか、走りを止めてしまうところがありました。今年の2戦は馬ごみでも全くそういうところがなくて、問題なくなりました。
 幅は出ました。ただ、スタートは相変わらず、ゲート内での駐立があまりできない馬なので、不安はいつも抱えると思います。
 もちろん牝馬限定のGIは少ないので、ここを目標にしている馬ばかりだと思いますし、今は強い馬が多いので、なかなか勝つことは難しいと思います。この馬ももう少しで手が届くところまで来ているので、何とかGIホースにしてあげたいです。
 2歳から乗せてもらって、去年は牝馬3冠では本当に惜しいレースが続いたので、古馬になって何とかしたいという気持ちは強く持っています。
 この馬の力をとにかく出してあげたい気持ちが強いですし、この馬の走りができれば十分にチャンスがあると思っています」

(取材:米田元気)