【ヴィクトリアマイル】栗東レポート~レッツゴードンキ(梅田智之調教師) [News]
2018/05/09(水) 14:14
5月13日(日)に東京競馬場で行われる第13回ヴィクトリアマイル(GI)に登録しているレッツゴードンキ(牝6、栗東・梅田智之厩舎)について、追い切り後の梅田智之調教師のコメントは以下の通り。

(前走の高松宮記念2着を振り返って)
「今レッツゴードンキが競馬するにあたって、1200mの芝が一番得意なところだと思っているので、狙っているレースでした。馬は究極に仕上がっていたので、すごく自信を持って見ていました。結果にはすごく悔しい思いをしたので、あの晩は寝られなかったです」

(前走後について)
「一応、香港もヴィクトリアマイルも選択肢の中に入っていました。最終的にはオーナーと相談して、あとは馬の様子を見て、ヴィクトリアマイルに出走しようと思いました。
 競馬は毎週ありますし、その晩は確かに悔しかったですが、次の日になったら馬の顔を見て、よく頑張ったなと、次また頑張ろうという感じで切り換えました。
 高松宮記念を目標にきっちりと仕上げていたので、さすがに走った後は疲れが多少出ましたが、幸いなことに脚元などに故障がなかったのでホッとしました」

(調教過程を振り返って)
「ヴィクトリアマイルは今まで2回出ていますが、2回とも成績が良くありませんでした。それで単純に1200mから1600mに距離が変わるところだけで、今までと違うことをしようと思いました。その一つに乗り役を乗せないで追い切るということと、(もう一つは)リフレッシュ放牧を挟まずに滞在させることと、今回は違うことを採り入れてみました。
 競馬を使った後の疲れをずっと見ていましたが、疲れが取れた後の今回は競馬に向けてテンションを上げないように、いつもより仕上げをソフトにしようとしました。年明けのフェブラリーステークスと2回使っているので、肉体的には調教することはもうないと思いました。あとはメンタルを重要視して今回は臨んでいます。前走後はそちらをメインに調整しています。
 過去ヴィクトリアマイルで2回走って、結果を出していないのを見てみると、かなりジョッキーと喧嘩しているところが見られました。そこが今回の一番のポイントだと思っていましたし、課題に挙げて取り組んできました。
 馬房にいる時はそんなに変わりはないのですが、調教での行きたがる素振りは、今回調教の仕方を多少変えているので、普段から折り合って調教できています。その辺は効果があったと思います。
 先週はある程度やっているので、今週は終いだけサッとやってほしいという指示でした。全体の時計は地味で、この馬にしてみれば物足りないかなと思いますが、終いの反応を確かめるだけで良かったので、これで大丈夫だと思います。
 やればいくらでも(時計が)出る馬なので、全体の時計からすれば、そう目立つことはないと思います。上がってきた時の息遣いや助手の感触を直接見に行った時に、そんなに息が乱れていないし、体は一回り余裕があるし、本当に理想的な調整ができました。あとは結果だけです。
 見た感じからしてふっくら見えます。輸送で多少絞れるのを見越してふっくらと仕上げているので、競馬ではちょうど良いぐらいで、少しプラスぐらいで出られると思います」

(今回のレースに向けて)
「牝馬は一回下降すると、そこからまた上昇するのが難しいと言われていますが、この馬は交流のGIを含めて2歳の時から6歳までずっと連対しています。勝っている数は3つしかありませんが、すごく厩舎に貢献している馬で、ありがたいことです。
 あまり結果は出していませんが、オーナーはストレイトガールで2連覇していますので、オーナーの運にあやかって行けたら良いと思います」

(取材:米田元気)