【ヴィクトリアマイル】美浦レポート〜ソウルスターリング(ルメール騎手) [News]
2018/05/09(水) 13:24
13日(日)に東京競馬場で行われる第13回ヴィクトリアマイル(GI)に出走予定のソウルスターリング(牝4、美浦・藤沢和雄厩舎)について騎乗予定のクリストフ・ルメール騎手の追い切り後のコメントは以下の通り。

○前走を振り返っていただけますか。
「前走はあまりよくありませんでした。馬の状態は良かったと思いますけれども、ペースがとても遅かったです。スタート後、ハミを取り、少し引っかかりました。なので、最後は突然バテました。少し残念でした」
○今日の追い切りについて教えてください。
「軽い追い切りをしたかったのですが、馬が引っかかりました。息は入りましたが、ずっとハミを取りました。リラックスしてなくて、少し大変でした」
○馬は元気ですか。
「元気そうです。追い切りの前と後、とても元気でした。反応が良かったです。走りたいように感じます。ですが、レースの時はリラックスできなかったら、大変になるかもしれません」
○東京競馬場はいかがですか。
「ちょうどいい距離だと思います。リラックスするために速いペースが必要です。東京競馬場で勝ったこともあります。長い直線は良いと思います。自信はありますが、リラックスしなければなりません」
○レースのプランは考えていますか。
「ペースと枠番によりますが、最初にリラックスできたら、最後にいい脚を使えます。もし、(前の)いいポジションだったら、引っかかるかもしれません。後ろのポジションからの方がいいと思います」
○枠番はどのあたりが良いですか。
「スペースがいりますから、外枠が欲しいです」
○ファンのみなさんへ一言お願いします。
「ソウルスターリングは、まだ大きなポテンシャルがあります。前走、前々走は残念でしたけれど、まだ競馬ができると思います。またソウルスターリングを応援してください。お願いします」

(取材:山本直)