【立川特別】(東京)~スズカゴーディーが叩き合い制す [News]
2018/05/06(日) 17:35
東京12Rの立川特別(4歳以上1000万下、ダート1400m)は4番人気スズカゴーディー(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒2(良)。アタマ差2着に2番人気キタサンガンバ、さらに2馬身差で3着に3番人気セネッティが入った。

スズカゴーディーは美浦・伊藤圭三厩舎の4歳牡馬で、父スズカコーズウェイ、母アイシースズカ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は18戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 スズカゴーディー(田辺騎手)
「流れが向いてくれました。スムースに外へ出せました。手前を替える時など、まだ少しブレながら走っても勝ち切ってくれる馬で、これからが楽しみです」

3着 セネッティ(ルメール騎手)
「頑張ってくれました。ワンペースでエンジンの掛かりが遅いです。トビが大きくて、(加速に)時間が掛かります」

5着 ハシカミ(武士沢騎手)
「1400mにも対応しています。展開一つです」

14着 ブロードアリュール(ボウマン騎手)
「4コーナーの前から手応えが怪しくなっていました。レース運びは理想的でしたが、以前にVTRで見ていた時とは違う形になってしまいました」