【ブリリアントS】(東京)~フェニックスマークが追い比べ制して4連勝 [News]
2018/05/06(日) 16:20
東京10Rのブリリアントステークス(4歳以上オープン、ハンデ、ダート2100m)は3番人気フェニックスマーク(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分10秒8(良)。1馬身1/4差2着に8番人気ザイディックメア、さらに1/2馬身差で3着に12番人気クラシックメタルが入った。

フェニックスマークは美浦・田島俊明厩舎の4歳牡馬で、父シニスターミニスター、母エターナルロマンス(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は7戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 フェニックスマーク(北村宏騎手)
「クラスが上がってきて、相手も強くなってきたのでどうかと思いましたが、勝ってくれました。交わされてからも食いしばってもう1回頑張ってくれました」

(田島俊明調教師)
「距離が延びて大丈夫かなと思っていましたが、強かったです。使い込めるタイプではないので、リフレッシュした今回は具合も良かったです。100%連対を継続することが出来たので、さらに伸ばしたいです。次走については、間隔をあけてから考えたいです」

2着 ザイディックメア(ルメール騎手)
「長くいい脚を使って頑張ってくれました。これくらいの距離が丁度いいと思います」

4着 リアファル(ボウマン騎手)
「コーナーの曲がり方がぎこちなくて、コーナーのたびに減速してしまいました。これもあって最後に届かなかったのかと思います。この距離は合っていると思います」