【上賀茂S】(京都)~アンデスクイーンが間を割って内から抜ける [News]
2018/05/06(日) 16:10
京都10Rの上賀茂ステークス(4歳以上1600万下ハンデ、ダート1800m)は5番人気アンデスクイーン(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒8(良)。1/2馬身差2着に1番人気ミキノトランペット、さらに1馬身1/2差で3着に2番人気タイセイパルサーが入った。

アンデスクイーンは栗東・西園正都厩舎の4歳牝馬で、父タートルボウル、母レイナカスターニャ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は14戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アンデスクイーン(松若騎手)
「ゲートをスッと出てくれたこと、これが一番です。いい位置で競馬をすることが出来ました。直線では追い出しを待つ場面がありましたが、空いてからはしっかり反応して、いい伸びを見せてくれました」

2着 ミキノトランペット(岩崎騎手)
「前で競馬して、いい感じで運べましたが、勝ち馬とは斤量の差がありましたので、その分、負けてしまいました。この馬自身もよく伸びていると思います」

3着 タイセイパルサー(古川騎手)
「もうちょっとでしたが、決め手の差が出てしまいました。いい感じで伸びてきて、直線では勝てるかなと思えるくらいでしたが、もうワンパンチが足りません」

5着 マイネルビクトリー(国分優騎手)
「外枠でしたけど、距離ロスよりも勝負どころで置かれないように気をつけて乗りました。最後までよく食らいついてくれています。元々実績のある馬で、力を示してくれました」