【湘南S】(東京)~レッドオルガが2番手から抜けて連勝 [News]
2018/05/06(日) 15:25
東京9Rの湘南ステークス(4歳以上1600万下、芝1600m)は2番人気レッドオルガ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒9(良)。1馬身1/4差2着に6番人気チャンピオンルパン、さらにクビ差で3着に5番人気ハナレイムーンが入った。

レッドオルガは栗東・藤原英昭厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト、母エリモピクシー(母の父ダンシングブレーヴ)。通算成績は7戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 レッドオルガ(M.デムーロ騎手)
「スタートが良く、いいポジションを取れました。ペースが遅い中、ジリジリと最後までよく伸びてくれました」

2着 チャンピオンルパン(横山和騎手)
「レース前に考えていたような今までより脚をためるレースが出来ました。折り合いも良く、直線でよく伸びたのですが、今日も前に1頭いたという結果でした」

3着 ハナレイムーン(石橋脩騎手)
「終いの脚が切れるという話を聞いていました。もう少し前の位置を取れれば良かったのですが、馬込みに入ってちょっと気負いそうになったところがありました。直線でいい脚を使ったのですが届きませんでした」

5着 イストワールファム(ルメール騎手)
「スローペースで少し引っ掛かりました。それでも最後まで頑張って伸びたのですが、前の馬が止まりませんでした。4番手でレースを進めて4着でした」