【橘S】(京都)~マドモアゼルが逃げ切りV [News]
2018/05/06(日) 14:59
京都9Rの橘ステークス(3歳オープン、芝1400m)は3番人気マドモアゼル(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒9(良)。クビ差2着に2番人気アルジャーノン、さらにクビ差で3着に6番人気ゴールドクイーンが入った。

マドモアゼルは美浦・斎藤誠厩舎の3歳牝馬で、父ブラックタイド、母ポールポジション2(母の父Pivotal)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 マドモアゼル(酒井騎手)
「松田騎手からこの馬の話は聞いていました。内枠から無理なくスッと行けましたし、直線に向いても余裕がありましたし、しっかり反応してくれました。まだまだ成長出来そうですし、いい馬に乗せてもらいました」

2着 アルジャーノン(城戸騎手)
「初めて乗りましたが、能力があるのは分かっていました。最後はいい脚で来ていますが、スローペースで勝ち馬に残られてしまいました」

3着 ゴールドクイーン(古川騎手)
「距離はギリギリでしたが、展開も楽でしたし、スローペースだった分、頑張ってくれました。距離は1200mの方がいいと思います」

5着 アルモニカ(松若騎手)
「ゲートで立ち遅れてしまいましたが、スピードがあり、取りつけました。勝てる手応えはあったのですが、ペースも遅くなってしまい、伸び負けてしまいました」