【プリンシパルS】(東京11R)~コズミックフォースが勝利しダービーへの優先出走権を獲得 [News]
2018/05/05(土) 17:36
東京11Rのプリンシパルステークス(3歳オープン・芝2000m)は1番人気コズミックフォース(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒2(良)。アタマ差の2着に3番人気ブレステイキング、さらにクビ差の3着に6番人気イェッツトが入った。

コズミックフォースは美浦・国枝栄厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ミクロコスモス(母の父ネオユニヴァース)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 コズミックフォース(C.ルメール騎手)
「ギリギリでしたが、ゴールまで馬が頑張ってくれました。直線では早く抜け出してしまい150mくらい1頭だけになりましたが、大外から他の馬が来た時に伸びてくれました。大人になってきたので、もっといいレースができると思います」

(国枝栄調教師)
「今回は前目で競馬をすることができたので、それを見て『これならいける』とレース中に思いました。この馬には長い距離が良いと思います。ダービーへはオウケンムーンとこの馬の2頭出しになるので、まずは無事に送り出せるようにしたいです」

2着 ブレステイキング(石橋脩騎手)
「スタートしてからポジションを無理に取りに行かず後ろで脚を溜めることに専念しました。最後は良い脚を使っているだけに残念です」

3着 イェッツト(蛯名正義騎手)
「気持ちと体力がまだまだ幼いにもかかわらずこれだけ走れたことに驚きました。(父のカンパニーが8歳でGIを勝ったように)これから先が楽しみです」

5着 サトノシリウス(戸崎圭太騎手)
「勝ち馬と同じ辺りを走れましたが、スピードで負けて先に行かれてしまいました。でもそこからもジリジリ伸びて頑張っているので、先々が楽しみです」

9着 ジャックローズ(三浦皇成騎手)
「背中は良いのですが、まだ緩さがあります。仕掛けどころでも浮わついていました。ただ、良いフットワークをしているのでこれから良くなりそうです」