【かしわ記念】(船橋)~ゴールドドリームが差し切って優勝 [News]
2018/05/02(水) 21:01
2日(水)、船橋競馬場ではダートグレード競走・第30回かしわ記念(JpnI ダート1600m)が行われ、2番人気だったJRAのゴールドドリームが直線差し切って勝ち、GI(JpnI)3勝目を飾った。
 
オールブラッシュが逃げ、モーニンが2番手、ベストウォーリアが3番手。ゴールドドリームは五分のスタートを切り、中団馬群をインカンテーションと並んで追走。4コーナーで大外から進出し、直線は鋭く伸びて、しぶとく粘るオールブラッシュをとらえた。勝ちタイム1分39秒2、勝利騎手はクリストフ・ルメール。1馬身差の2着に6番人気オールブラッシュ(JRA)、1番人気インカンテーション(JRA)がアタマ差の3着。前走でゴールドドリームを破りGI初制覇を飾ったノンコノユメ(JRA)は4着、地方勢はヒガシウィルウィン(船橋)の7着が最高だった。

ゴールドドリームは父ゴールドアリュール、母モンヴェール(母の父フレンチデピュティ)、牡5歳鹿毛馬。JRA栗東・平田修厩舎の管理馬。通算成績15戦7勝、GI(JpnI)は去年のフェブラリーSとチャンピオンズCに続く3勝目となった。

レース後の関係者のコメントは以下の通り。

1着 ゴールドドリーム(クリストフ・ルメール騎手)
「今日はすごく嬉しいです。すごくいい馬で、JpnIを勝てて喜んでいます。今日はいいスタートが切れ、4番手につけられました。リラックスしていて、直線はいい脚を出してくれました。前にいたオールブラッシュが止まりませんでしたが、すごくいい瞬発力がありました。最後は楽でした。ラスト200メートルが速かったです」

(平田修調教師)
「ゲートは毎回問題があるのですが、今日は『出た』と思いました。真ん中より前の位置につけられました。オールブラッシュをとらえれば勝てると思って見ていました。いつも暴れん坊な馬なのですが、今日は大人しくて出遅れを心配していました。フェブラリーステークスのリベンジが出来ましたし、秋を見据えて、オーナーと相談になりますが、帝王賞あたりを目指そうかなと思います」

4着 ノンコノユメ(内田博幸騎手)
「向正面で砂をかぶらない位置につけられましたが、ペースが上がってから置かれました。離されてから、また伸びて来ています」

7着 ヒガシウィルウィン(森泰斗騎手)
「休み明けでこのメンバー相手によく喰らい付いていると思います。雨が降って内側の馬場が良くなってきたので、一発狙って内にこだわっていたのですが、甘くないです」

(取材:山本直)