名前が「アルバート」にならないかなぁ。 [実況アナ!]
2018/04/26(木) 11:17
 万馬券を愛する皆さん、春競馬はいかがですか?なかなかの高配当が出て、万馬券という名の花があちらこちらで咲き乱れています。その花を手にすることが出来そうで出来ないもどかしさ...ああ、無情。3月に出た100万円を超える払い戻しとなったレース、WIN5の結果とそれぞれの実況担当者は以下の通りです。

3月 4日(日)阪神・ 4レース 3連単127万290円 (実況担当・小塚)
3月17日(土)中京・ 4レース 3連単131万9780円(実況担当・大関)
3月17日(土)阪神・ 若葉S  3連単491万630円 (実況担当・檜川)
3月18日(日)中京・ 3レース 3連単556万4480円(実況担当・山本直)
3月18日(日)中京・ 3レース  馬単108万7490円(実況担当・山本直)
3月18日(日)中山・ 千葉S  3連単136万8150円(実況担当・中野)
3月24日(土)中山・ 春風S  3連複105万7570円(実況担当・小塚)

★3月 4日(日) 弥生賞
 中山 10R(1番人気)・11R(1番人気)           ...中野アナ
 阪神 10R(2番人気)・11R(4番人気)           ...山本直アナ
 小倉 11R(6番人気)                    ...山本直也アナ
<払戻金> 32万1200円

★3月11日(日) 金鯱賞&フィリーズR
 中山 10R(7番人気)・11R(1番人気)           ...佐藤アナ
 阪神 10R(1番人気)・11R(8番人気)           ...小塚アナ
 中京 11R(1番人気)                    ...檜川アナ
<払戻金> 298万940円

★3月18日(日) 阪神大賞典&スプリングS
 中山 10R(10番人気)・11R(1番人気)          ...中野アナ
 阪神 10R(1番人気)・11R(3番人気)           ...小林アナ
 中京 11R(8番人気)                    ...大関アナ
<払戻金> 482万190円

★3月25日(日) マーチS&高松宮記念
 中山 10R(2番人気)・11R(2番人気)          ...佐藤アナ
 阪神 11R(1番人気)                    ...檜川アナ
 中京 10R(1番人気)・11R(2番人気)          ...山本直也アナ
<払戻金> 11万1520円

 まず、月間MVPの発表です。選考委員会では檜川アナの名前も出ましたが、それは極少数の意見でした。やはりMVPは山本直アナです。3月の最高配当とともにそのレースの馬単が、JRAの馬単歴代2位となる108万7490円!檜川アナも491万馬券となったレースを実況したのですから、いつもなら十分MVPの資格あり、ということになるのですが、残念ながら運がなかったとしか言いようがありません。恐るべきは山本直アナで、彼は2月に続いてその月の最高配当が出たレースを実況しています。そして4月も15日に阪神で489万馬券のレースを実況しています。「3ヶ月連続」濃厚です。彼が実況するレースは要注意です。「さすがにこの馬はないだろう...」と思うことは危険です。500万円もの大万馬券を手にするためには常識に囚われてはいけません。

 次にリーディングです。3月はどのアナウンサーも打率を落としました。その中で、打率を下げたもののただ一人8割台をキープした山本直アナが首位の座をキープしています。打率は8割8厘です。2位も変わらず小塚アナなのですが、彼はなんと1割近くも打率を下げてしまい、7割5分6厘となってしまいました。首位との差がかなり開いてしまいました。3位は順位を1つ上げた山本直也アナです。小塚アナと差がない7割5分2厘です。その後は中野アナが7割5分ちょうどでこれまた差のない4位となっています。

 殿は米田アナとなりました。2月終了時点では檜川アナと6割7分7厘4毛で並んでいたのですが、打率を下げて6割2分3厘で単独の殿となりました。どうも米田アナは6つのレースを実況しても万馬券レースは3つか4つ止まりなのです。彼が実況するレースはコンスタントに荒れないようです。檜川アナは打率を7割1分8厘まで上げたもののブービーとなっています。若葉ステークスがそうだったように1発の破壊力は相変わらずなのですが、檜川アナもまたコンスタントに万馬券レースを実況することがありません。そして、私小林が檜川アナと差のない7割2分ちょうどとなっています。私は去年からの長いスランプからどうしても抜け出すことが出来ません。6つのレースを実況してもなかなか5つ以上が万馬券レースとならないのです。これではなかなか打率が上がりません。何か浮上するためのきっかけが欲しいところです。

 さて、今週は天皇賞(春)が行われます。このタイミングで日本時間の23日にイギリスのウィリアム王子の妻キャサリン妃が、ロンドン市内のセント・メアリー病院で第3子となる男児を出産しました。実におめでたいニュースです。そして、競馬を愛する皆さんなら、私がここで言いたいことがお分かりだと思います。その男の子の名前が、イギリスのブックメーカーでは「アーサー」が一番人気となっているほか、「ジェームズ」や「アルバート」といった名前も人気を集めているのだそうです。

 このコラムを書いている26日午前11時15分の時点で、まだ発表はありません。もしも、もしも「アルバート」なら、天皇賞ですからこれ以上のヒントはないでしょう。こんな偶然があるでしょうか。これはもう、神の啓示です。天皇家もロイヤルファミリーです。イギリス王室のロイヤルファミリーに新たに加わった人の名前が「アルバート」なら、もうアルバートは天皇賞(春)では1番人気になってしまうかもしれません。えっ、でも第3子だから3着じゃないか、ですって?う~ん、そういう狙いもあるかなぁ...。それに「アルバート」以外の名前になるかもしれないしなぁ...。