【鎌倉S】(東京)~メイショウボンロクが好位から押し切る [News]
2018/04/22(日) 16:19
東京10Rの鎌倉ステークス(4歳以上1600万下・ハンデ・ダート1400m)は7番人気メイショウボンロク(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒6(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気エニグマ、さらにアタマ差の3着に15番人気スティンライクビーが入った。

メイショウボンロクは栗東・松下武士厩舎の7歳牡馬で、父シニスターミニスター、母ディープセーマ(母の父アグネスデジタル)。通算成績は32戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウボンロク(池添謙一騎手)
「スタートが決まって良いポジションをとれました。道中も流れに乗れて良い内容でした」

2着 エニグマ(柴田大知騎手)
「最後はすごい脚を使ってくれました。どうしても展開に左右されてしまいますが、脚をためる形なら崩れません」

3着 スティンライクビー(松岡正海騎手)
「被されることのないようリズムを大切に乗りました。気が向いてくれればこれくらい走れる力はあります」

15着 トレンドライン(石橋脩手)
「スタートで躓いたことでリズムが狂ってしまいました。追い上げようとはしましたが気持ちが入ってこなくて、力を出し切れませんでした。1400mというのも忙しいかもしれません」