【オアシスS】(東京)~ルグランフリソンが2番手から押し切る [News]
2018/04/21(土) 16:54
東京11Rのオアシスステークス(4歳以上オープン・ダート1600m)は5番人気ルグランフリソン(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒7(良)。クビ差の2着に1番人気サンライズノヴァ、さらに半馬身差の3着に2番人気ドリームキラリが入った。

ルグランフリソンは栗東・中竹和也厩舎の5歳牡馬で、父Smart Strike、母Leaning Tower(母の父Theatrical)。通算成績は26戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ルグランフリソン(福永祐一騎手)
「楽なペースで行くことが出来て、早め先頭でもよく頑張ってくれました。ダートの1600mは初めてでしたが大丈夫でした」

2着 サンライズノヴァ(戸崎圭太騎手)
「前残りの競馬でしたが、58キロでもしっかり伸びています。あと少しでした」

3着 ドリームキラリ(三浦皇成騎手)
「勝ち馬にずっとマークされ続けて厳しい競馬でしたがよく頑張っています。最近の競馬の中では最も良い内容でした」

4着 コパノチャーリー(柴田大知騎手)
「上手にスタートを切って被されずにこの馬のリズムで行けました。気持ちが入っていたこともあり、良いレースができました」