【アンタレスS】(阪神11R)~休み明けのグレイトパールがしぶとく脚を伸ばし6連勝 [News]
2018/04/15(日) 16:23
阪神11Rのアンタレスステークス(4歳以上GIII・ダート1800m)は1番人気グレイトパール(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒8(不良)。1馬身1/4差の2着に3番人気ミツバ、さらに半馬身差の3着に5番人気クインズサターンが入った。

グレイトパールは栗東・中内田充厩舎の5歳牡馬で、父キングカメハメハ、母フォーチュンワード(母の父デヒア)。通算成績は9戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 グレイトパール(川田将雅騎手)
「11ヶ月ぶりでしたが無事に終えられました。この距離では負けられない気持ちでいました。中団からのレースになりましたが、前半が得意な馬ではないのでこの位置取りでした。いい雰囲気で上がっていけましたし、最後は本質の良さが出ましたね。何より今後は無事に歩んでほしいです」

(中内田充正調教師)
「休み明けでしたがしっかり走ってくれました。速い時計にも対応してくれました。能力があるのですね。今回は順調にレースまで持っていけることを第一に調整してきました。ここまで簡単な道のりではなく、みんなの力があって来られました。厩舎に置いて様子を見ていきたいと思います」

2着 ミツバ(松山弘平騎手)
「外枠でしたので砂を被らずに行けました。今回は気の悪さを出さずに走ってくれました。気持ちに左右される面があり、こういう形になってしまうところがあります」

3着 クインズサターン(四位洋文騎手)
「前が止まらない馬場でしたが、よく来ています。『賞金を加算してきてほしい』と言われていましたし、2着に入りたかったのですが......」

5着 ユラノト(藤岡康太騎手)
「ゲートを出ていい位置取りで流れについていく形でレースができました。勝ちに行く競馬でよく頑張ってくれています」

6着 ロンドンタウン(松岡正海騎手)
「先行集団につけていったのですが、ミツバが動いた時に控えました。グレイトパールの後ろに上手く入れましたが、アップアップしていました。この馬場は向いていると思いますが、馬体が少し重かったかもしれません」

7着 アルタイル(小崎綾也騎手)
「周りに惑わされることなく中団につけてタメていけましたが、勝負所と直線にかけて捌ききれませんでした」

11着 ディアデルレイ(勝浦正樹騎手)
「速い流れの中で速めに外から他の馬に来られて、厳しい展開になってしまいました。あれがなければどれだけ走れたかなと思います。まだまだもっとやれる馬です」