【京葉S】(中山10R)~ダノングッドが大外から鋭く脚を伸ばし前をまとめて差し切る [News]
2018/04/15(日) 16:02
中山10Rの京葉ステークス(4歳以上OP・ダート1200m)は9番人気ダノングッド(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒9(稍重)。1馬身1/4差の2着に1番人気ベストマッチョ、さらに半馬身差の3着に4番人気ドリームドルチェが入った。

ダノングッドは栗東・村山明厩舎の6歳牡馬で、父Elusive Quality、母マイグッドネス(母の父Storm Cat)。通算成績は25戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ダノングッド(田辺裕信騎手)
「前に行こうとしたのですが、久々の1200mで周りも速く後ろからになりました。直線で外に出してエンジンをかけると走りが変わってくれました」

2着 ベストマッチョ(内田博幸騎手)
「厳しい競馬になりましたし、1枠があだになったようです。それでもこのペース、この時計で2着に粘っていますから、改めて強い馬だと思いました」

3着 ドリームドルチェ(岩田康誠騎手)
「どんな競馬でもできる賢い馬ですが、今日は捌ききれませんでした」

5着 プレスティージオ(浜中俊騎手)
「後ろから行って最後に外へという指示でしたが、よく脚を使ってくれています。こういう形がいいのかもしれません」