【山藤賞】(中山)~フィエールマンが人気に応える [News]
2018/04/14(土) 17:09
中山9Rの山藤賞(3歳500万下・芝1800m)は1番人気フィエールマン(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒1(良)。2馬身半差の2着に8番人気ニシノベースマン、さらにハナ差の3着に7番人気トーセンスーリヤが入った。

フィエールマンは美浦・手塚貴久厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母リュヌドール(母の父Green Tune)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 フィエールマン(石橋脩騎手)
「ゲートの出は良くありませんでしたが、馬は冷静で走りの感じは良かったです。早めに動いていったら4コーナーでギアが上がり、最後は抜け出してから遊びながら走っていました。スケールの大きな馬で、大きな舞台に行けるかもしれません」

2着 ニシノベースマン(戸崎圭太騎手)
「馬の雰囲気が良く、レースでも良い走りぶりでした。以前未勝利を勝った時と同じように良い走りでした」

3着 トーセンスーリヤ(三浦皇成騎手)
「教えてきたことが身になってきていて、走りが上手です。終いも脚を使えていて、良い内容でした」

4着 ライラックカラー(北村宏司騎手)
「リズムが良くて、操縦性も利いて落ち着いているので、馬に関しては言うことありません。直線でスムーズさを欠くところがあり残念でした」