【3歳500万下】(中山6R)~ラストプリマドンナが人気に応えて差し切る [News]
2018/04/14(土) 13:54
中山6Rの3歳500万下(芝1200m)は1番人気ラストプリマドンナ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒9(良)。1馬身1/4差の2着に8番人気キングドンドルマ、さらにハナ差の3着に2番人気セイウンミツコが入った。

ラストプリマドンナは美浦・和田正一厩舎の3歳牝馬で、父ダイワメジャー、母シルクプリマドンナ(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ラストプリマドンナ(戸崎圭太騎手)
「後ろから行こうと決めてはいませんでしたが、結果的に後ろからになってしまいました。ただ、思っていた通りの脚を終いは使ってくれました。力のある馬です」

4着 フェールデュビアン(石橋脩騎手)
「無理におさえこむことなく、自然にこの馬にまかせました。スピードはかなりあって、道中息も入れられました。ただ、今日のような馬場よりは硬いパンパンの馬場の方が合っていると思います」

5着 セイウンリリシイ(武藤雅騎手)
「前に行ってどれだけ粘れるかというタイプの馬なので、今日のような形だとこの馬の良さが出し切れませんでした。それでも大きく崩れてはいないので、あとは展開次第でしょう」

7着 ルリハリ(嘉藤貴行騎手)
「テンになかなか進んで行かず、最後も伸びそうでなかなか伸びませんでした。力はある馬なのでチャンスはまたあると思います」